危ない出会い系サイトにおける最新の悪質な手口!

危ない出会い系サイトには気をつけて!退会できる出会い系サイトをご紹介。
ワンクリック詐欺アプリ
IPA・情報処理推進機構が先日、「スマホにおける新たなワンクリック請求の手口に気をつけよう!」という呼びかけ記事を出しました。
それによりますと、Androidの公式アプリ配布サイト「Google Play」で、堂々とワンクリック請求アプリが配布されているようなのです。
この新たな詐欺アプリは、構造的には非常に単純なものです。
「アダルト動画」「エッチな動画」などのキーワードで出まわっていて、アプリをダウンロードするだけで、無料で動画が見られるようなタイトルや紹介文となっています。
しかし、アプリを起動すると、ワンクリック請求の詐欺サイトへジャンプしてしまいます。
アプリとしての機能はゼロに等しく、詐欺サイトへ誘導するだけの単純なものなのです。

ワンクリック請求・ワンクリック詐欺とは、サイトを表示したり動画を表示したりすると、「○万円を払ってください」などと何の前触れもなく脅してくる詐欺のことをさします。
以前から、パソコンや携帯電話向けのワンクリック詐欺サイトが多数ありましたが、最近では多くの詐欺サイトがスマートフォン向けサイトを作っているようです。
スマートフォンの普及率が高くなったために、犯人グループは詐欺のターゲットをスマートフォンユーザーに変更してきていると言えるでしょう。
アプリを起動するとワンクリック請求の詐欺サイトへ飛び、動画をクリックすると「お客様の端末情報が登録完了しました」と表示され、法外な値段の請求が出ます。
さらに、「位置情報転送完了」「IPアドレス取得」など、さもデータを収集するような表示をしてユーザーを脅してきます。
この場合に限っては、個人情報は取得されてはおりませんし、単なる脅しに過ぎません。
昔ながらのワンクリック詐欺の手口と言えます。

スマートフォン向けのアダルトアプリ詐欺では、昨年に不正アプリが大きな問題となりました。
電話番号などを読み取って外部に送信する、また、数分おきに請求画面を出すなどの動きをする不正なアプリが配信されていました。
ですが、今回のアプリはサイトを表示するだけの単純なものです。
同様のアプリを解析したセキュリティー大手・トレンドマイクロ社によれば、「基本的な機能はワンクリック詐欺サイトの表示のみとなっているため、サイト側の調査を併せて行わないと、不正アプリの判断は難しい」としています。

実際にGoogle Playには、サイトに誘導するだけのアプリが大量に存在しています。
特にアダルト動画関連では、サイトへと誘導するだけの単純なアプリがほとんどです。
アプリというよりも、サイトへのショートカット・ブックマークだと考えたほうがいいのかもしれません。

Google Play側が、ジャンプ先のサイトの内容審査を行っているとは思えませんし、今後もこの手の詐欺アプリが出回っていくでしょう。
今回の詐欺アプリについて、IPAでは「仮にインストールしてしまっても、端末から情報が抜き取られるような被害はありません。しかし、だまされたと思い心理的に追い込まれて、金銭を支払ってしまう可能性があります」としています。

スマートフォンを使い始めたばかりの中高校生は、特に気を付けたほうがいいといえます。
また、保護者としても、頭ごなしに「インターネットを使うな」と子供たちを締め付けるのではなく、「何かあったら言いなさい」と寛大な姿勢で構えることで、子供たちが安心して相談できる空気を作ることができるでしょう。